フェイシャルエステで美人の絶対条件、輝く笑顔を手に入れる

ASEO-17

男性に「女性のもっとも好きな表情は?」と聞くと、ほとんどの人が「笑顔」と答えます。「美人」と呼ばれる人はみんな笑った姿が素敵です。

笑顔美人になるには、顔の2パーツを徹底改善

美しい笑顔を作る上で特に重要なポイントは以下の2つです。お肌はもちろんツルツルのほうが望ましいところですが、ここではそれよりも筋肉やリンパの流れなどが重要視されます。

◆口
口はもっとも大切なパーツ。上下の唇が合わさる部分を口角と呼びますが、ここが笑う時キレイに持ち上がっていることが美人には必須です。

しかし、満たしている方は意外と多くありません。大頬骨筋や口輪筋などの表情筋が衰えていることから口角を引っ張り上げられず、口がへの字になってしまう方が多数です。

◆目
「目が笑っていない」という言葉があるように、口だけ笑っていても目力がなければ美人にはなれません。特にむくみやたるみなどがあると、年齢よりも老けて見られてしまうためぜひとも改善したいところです。

自宅でできる、美人になるための1日1分表情筋トレーニング

本来人は無意識に笑うものですが、以下のようなトレーニングをすることでより美しいものになれます。1日1分ずつでも十分効果があるため、コツコツと続けてみましょう。

◆口
口を大きく動かして、「あ」「い」「う」「え」「お」の形を作る、口角を上げて5秒キープするなどがあります。コツはゆっくり、大げさに動かすこと。顔の筋肉が温めた後のほうが効果があるため、お風呂に入っている最中などに行ってみましょう。

◆目
目をぎゅっと瞑る、思いっ切り開くなどで効果が期待できます。コツは額の筋肉を使うのではなく、まぶたをよく意識することです。

これらのトレーニングは笑顔が素敵になる意外にも、顔の筋肉が鍛えられることで血行が良くなり、代謝がアップします。このことから、肌のターンオーバーが整えられて、シミやシワ、ニキビなどさまざまな肌トラブルの改善も期待できます。

フェイシャルエステでも使われることがあるマッサージは注意

自分でトレーニングを重ねる意外にも、フェイシャルエステに行って施術してもらうという方法もおすすめです。しかし、ここで注意したいものがマッサージ。顔を強く押したりこすったりする方法は、お肌にダメージを与えてしまう恐れがあります。

もちろん、自分でマッサージすることもNG。あくまでもエクササイズをするに留めておきましょう。今では市販もされているローラーも使い方次第です。

フェイシャルエステを選ぶ基準にできる、2つの導入機材例

フェイシャルエステを選ぶ時は、これら意外の方法でアプローチしているところを選びたいですね。お肌にダメージを与えず、安心して表情筋をケアできる方法として、たとえば以下のようなものが上げられます。

◆超音波美顔器
スクライバーとも呼ばれており、超音波でお肌を小刻みに小さく振動させるもの。顔の筋肉もほぐれて、日々のエクササイズの効果がアップします。ただし、妊娠中の方などごく一部の方は施術が受けられないことがあります。

◆エレクトロポレーション
電気によって皮膚表面にある角質層にスキマを作り、そこからお肌に良い成分を浸透させます。コラーゲンなどは表情筋が衰えた時に起きるシワを抑制させるためぴったりです。

こちらもごく一部の方は施術が受けられないことがあり、またフェイシャルエステで使われている成分によって合う合わないがあります。

「あの人、美人ね」と言われるためには、笑顔が素敵である必要があります。美容にこだわっていても、お肌や髪にばかり意識がいきがちです。

表情も大切な要素だと知って、今からでもトレーニングを始める、フェイシャルエステに行くなどで改善してみましょう。

関連記事
ホットペッパーのエステサロン情報の使い方!神奈川でお肌に合ったエステ選び
朝食はダイエットに欠かせません!忙しい朝時間の過ごし方
老け顔もリフトアップでスッキリ!毎日チェックでたるみのない小顔
体のバランスは小顔に影響?生活習慣をチェックしてキレイなあなたに
フェイシャルエステも“ながら”の時代!うがいで毎日顔痩せ

カテゴリー: リフトアップと小顔でキレイ肌