フェイシャルエステのディープクレンジングでイチゴ鼻がスッキリ

aseo9

お肌の悩みでもっとも多いものの1つが「イチゴ鼻」。これは鼻の毛穴に汚れが詰まって、黒いボツボツができてしまうものです。

自宅でのケアはおすすめできません。正しいやり方でないと、改善するどころかかえって悪化させてしまうことがあるためです。安全性や手間から考えるベストは、「ディープクレンジング」を取り入れているフェイシャルエステで施術してもらうことです。

イチゴ鼻の正体は身を守るために大切な皮脂や角質

そもそも、イチゴ鼻にあるボツボツの正体は、皮脂や角質などで作られている角栓です。本来は細菌から身を守る大切なもので、古くなるとお肌の表面から剥がれて落ちるもの。

しかし、何らかの原因でターンオーバーなどお肌の機能に異常ができると、排出されずに毛穴の中で詰まってしまいます。そして、それが長時間放置されて酸化することで黒く変色し、ボツボツのイチゴ鼻ができてしまうというわけです。

特に女性は間違ったスキンケアやお化粧で陥りがち

イチゴ鼻ができてしまう原因は、食生活や睡眠、ストレスなどの日常のさまざまなところに潜んでいます。中でも、普段間から間違ったお手入れをしていることでできてしまうケースが多数。特に、女性の場合はお化粧で毛穴を塞いでしまいがちです。

角質が気になるとつい指で押し出したり、毛穴パックを使ったりしたくなりますが、これらは絶対にNG。どちらもお肌に強い刺激を与えて、悪化させてしまう恐れがあります。細毛のブラシで洗うという方法も、使い方によっては傷付けてしまうことがあります。

最善は洗顔で汚れをていねいに落とすこと。ただし、ゴシゴシと思いっ切りこするのは逆効果。あくまでも優しく洗う必要があります。これは実際にやってみると、効果が目に見えるまでなかなか歯がゆい方法です。

実際に、普段のクレンジングだけでは毛穴の老廃物をケアしきれないことがほとんど。そこで、フェイシャルエステなどで使われるようになった方法が「ディープクレンジング」です。

フェイシャルエステならお肌に負担を掛けないコスメとテクでケア

「ディープクレンジング」という言葉は、明確に「このようにする」という方法を指すものではありません。

「毛穴に残っている汚れをしっかり取る」という、いつもと違ったクレンジング全般のことを指します。大晦日の大掃除のようなものを思い浮かべると良いでしょう。

フェイシャルエステでは、オイルやクリームなど数あるクレンジング剤の中からその人にぴったりのタイプをチョイス。プロの手技でお肌に負担を掛けずに汚れを落とせます。

ディープクレンジングは安心で楽ちんなフェイシャルエステで

ディープクレンジングは家庭でも行えます。手順としては、ホットタオルやスチーマーなどで皮膚を柔らかくして毛穴を開き、クレンジング剤で汚れを落とします。

簡単に思えるかもしれませんが、お肌へのダメージを最小限にするということは意外と難しいこと。自分に合ったクレンジング剤を探すのも大変です。

上述のとおり、イチゴ鼻の原因は日頃の間違ったケアによることが多数です。改善するために行っているのに、かえって悪化させてしまうかもしれません。また、洗浄後は乾燥しやすいため、保湿ケアも必須です。

ディープクレンジングはイチゴ鼻の改善にとても有効です。自宅でも行えますが、悪化のリスクや手間などを考えるとおすすめできません。

最善はフェイシャルエステでエステティシャンに施術してもらうこと。「通うお金なんかない」「どうしても自分で何とかしたい!」という方でも、最初の1回はプロに相談すると良いでしょう。

カテゴリー: フェイシャルエステの豆知識