ヨガ式呼吸法でポッコリお腹をすっきりダイエット

aseo20

ダイエットしても下腹部だけがぽっこりしてしまう…そんな悩みを抱える女性は少なくありません。普段何気なく行っている呼吸を見直せば、スリムなお腹をあなたもゲットできます。「丹田」を意識したヨガ式呼吸法を、新しい美容習慣にしませんか?

代謝不足は酸素不足!?深く吸って吐く呼吸法で全身がダイエットモードに

カロリーを燃やすためには、代謝をアップさせなければなりません。食べたエネルギー量より多くを燃やせば、体は自然に引き締まりスリムになっていきます。

代謝アップのためには、筋肉量を増やしたり、酵素などの栄養を摂ることが方法として知られていますよね。しかし、なによりも大切なのは酸素を多く取り込むこと。あまりクローズアップされていませんが、深い呼吸こそダイエットの強い味方なんです。

肺へ取り込まれた酸素は、そのまま血液に乗って体中に運ばれます。細胞が生まれ変わるためのエネルギー(基礎代謝と呼ばれます)には酸素が不可欠で、酸欠状態では消費カロリーも減ってしまうことが分かっています。

現代人は、慢性的な酸素不足状態と言われます。運動の機会が減ったことやストレスに晒され続けることで、疲れやすさや太りやすい・ぼーっとしやすいといったトラブルが現れます。もしかして私も?と思い当たるかたは、今すぐ深い呼吸を意識しましょう。

鼻からの腹式ヨガ呼吸はインナーマッスルのトレーニングにも

呼吸法には、いくつかの種類があります。
・吸い込んだときに胸が膨らむ「胸式呼吸」
・吸い込んだときにお腹が膨らむ「腹式呼吸」
・鼻で吸い吐き出す「鼻呼吸」
・口で吸い吐き出す「口呼吸」

どの呼吸法でも、深く行えば充分な酸素を取り込むことができます。しかし、下腹部のダイエット効果を狙うなら、鼻+複式呼吸が効果的です。

体全体を使った呼吸は、体幹に近い筋肉を刺激する効果があります。インナーマッスルを鍛え、基礎代謝量がアップし痩せやすい体を作ることができるんです。この方法はヨガで意識的に取り入れられていることから、「ヨガ式」と呼ばれることもあります。

今日から実践したい!ヨガ式呼吸法で叶う下腹ダイエット

ヨガ式呼吸の大きな特徴は、下腹部にある「丹田(たんでん)」という部分に息を入れ、そこから吐き出すように意識することです。普段の生活では使わない筋肉を刺激できますので、ぽっこりと出てしまったお腹の引き締めに大変効果があります。

正しい方法で毎日行えば、それだけで体が温まり燃焼効果を実感できる優れた方法です。姿勢や意識するポイントをまとめましたので、ぜひ今日からの美容習慣に取り入れてください。

~ヨガ式呼吸法の正しい行いかた~
■あぐらか座禅を組みます
正式には座禅ですが、股関節が痛くてできない!というかたも多い体勢です。体がリラックスすることが重要ですので、少しでも痛い場合はあぐらに変えてください。その際、できるだけ体の両サイドに同じだけの体重がかかるように、意識しましょう。

手を楽な場所に起き、そっと目を閉じれば準備完了です。まずは普通の呼吸を繰り返して、姿勢に慣れましょう。

■丹田の位置を確認しましょう
ヨガ式呼吸法のポイントは、丹田を意識することです。場所は、おへそよりこぶし1つ分下。慣れないうちは筋肉にうまく力が入らず、その部分を動かして呼吸することがまったくできない!というかたも少なくありません。まずは、場所を意識することから始めましょう。

■鼻からゆっくりと吸います
酸素が、鼻→胸→お腹→丹田と上半身を通って入ってくることをイメージしながら深く吸います。しっかりと吸い込んだら、「1・2・3」と少し息を止めます。

■鼻からゆっくりと吐き出します
丹田に溜まった酸素を、お腹→胸→鼻へと押し出すことをイメージして、すべて吐き出します。丹田を意識し、からだから酸素をすべて絞り出すような感覚が得られればOKです。

慣れないうちは吐ききる前に吸ってしまいますが、気にせずゆっくりと続けましょう。インナーマッスルが鍛えられると、吸い・吐きともに長い時間をかけてできるようになります。

「ゆっくり」が難しいかたは、静かでゆったりとした音楽を聞き、リズムに合わせて行うとタイミングが取りやすくなります。

呼吸法は、正しく行うことが大切です。慣れないうちは、「これで良いのかな?」と戸惑いますが、とにかく「丹田」を意識して続けてみましょう。筋肉が鍛えられるうちに体が温まるのが実感でき、ダイエット効果も現れてきます。

カテゴリー: ダイエット効果も期待できるエステ