あなたも死ぬ気で痩せたくなる?ダイエットモチベに捧げる言葉

あなたも死ぬ気で痩せたくなる?ダイエットモチベに捧げる言葉

ダイエットを成功させ、理想の体重をキープするには高いモチベーションが必要です。気合ややる気のスイッチが入らなくなってきたら、成功者の考え方を学びましょう。金言を胸に、体重ダウンへの1歩を改めて踏み出すことができます。

「停滞期」のモチベーション維持が、ダイエット成功のカギ

健康的に痩せるためには、半年~1年間のダイエット期間が必要です。食事のコントロールや、運動の習慣をつけるため、計画表を作ったり目標体重を冷蔵庫に貼るなど工夫されている方も多いでしょう。

ダイエットをし始めたときは高いモチベーションで毎日頑張っていた方も、2~3ヶ月後には気持ちがキープできなくなっていきます。ちょうど体重の落ちが少なくなる「停滞期」にさしかかる頃でもあり、お菓子や高カロリーメニューの誘惑に負けやすい時期です。

痩せたい気持ちより辛さが勝ってしまう時期を乗り越えれば、ダイエットは必ず成功します。モチベーションを上げる言葉や考え方を知って、自分をもう一度奮い立たせましょう。

ダイエット成功者に学べ! 本当に痩せる金言集

「もうダイエットなんて辞めちゃおうかな…」という気持ちを振り切るには、目標体重を達成した方の言葉を聞くのが一番です。痩せた自分を妄想する、痩せたキロ数のゴミを捨てるなど、皆さんオリジナルの方法でモチベーションを維持しています。

痩せた自分を妄想しまくって、目標体重を見事達成!

158cm、67kgのRさん。ダイエットを決意したときは22歳の女子大生でしたが、「いつも主婦に間違われます。子どもがいると思われ、美容院で主婦向けの雑誌を出されるなんてことも。」と、見た目年齢の高さに自信を無くしていました。

Rさんのダイエット期間は1年3ヶ月。その間何度も停滞期を経験しましたが、見事55kgを達成。モチベーション維持の秘訣は「とにかく痩せた自分を妄想すること」。ネットでタレントさんの画像を探し、そこに自分の顔を貼り付け、部屋中に貼ったそうです。

痩せた分だけゴミを捨てて、キレイになっている自分を実感

155cm、62kgのMさん。元運動部ということもあり、ガッチリした体型が悩みでした。「ずっと、50kg代に憧れていたから」という理由でダイエットを決意。停滞期に悩みながら半年かけ58kgまでダイエットを成功させました。

Mさんは、“痩せた分だけ部屋のゴミを捨てる”という、ちょっと変わった方法でモチベーション維持に成功しました。日曜日に1週間で何グラム減ったかを記録、その分だけ書類や衣類などを処分します。「こんなに痩せたんだ!と見た目にも分かる」という良さがあります。

ダイエット中には、誰もが「もう辞めちゃいたいな」とナーバスな気持ちになります。今まさに諦めかけている方、成功者がしていたモチベーション維持法を試してみませんか?目標体重をクリアし、今回を最後のダイエットにしましょう!

カテゴリー: ダイエット効果も期待できるエステ