朝食はダイエットに欠かせません!忙しい朝時間の過ごし方

aseo7

ダイエットはバランスの良い朝食から!分かっていてもなかなか実践できませんよね。しかし、体のメカニズムを知ると、どれほど朝食が重要なものかお分かりいただけるはず。朝日を浴び、しっかりとエネルギーを摂ってから始める1日で、体を軽く変えましょう。

朝日を浴びながら摂る朝食があなたのダイエットスイッチをオンにします

朝型の生活がスリムの秘訣!として注目されています。夜眠り朝起きるサイクルを維持する「ビーマルワン」という物質に、脂肪を作る働きがあると分かったためです。

ビーマルワンは夜間に増え、日中には減少します。減っているタイミングに食事を摂ればエネルギーとして燃焼されますが、増えている夜間は優先的に脂肪に変わってしまうため、ダイエットの逆効果となってしまいます。

体は、朝日を浴びると「朝が来た」と認識し、ビーマルワンを減らします。しかし体内がエネルギー不足になっているため、起き抜けはぼーっとしてしまいます。ここでバランスの良い食事を摂り、適度なカロリーを取り込むことで代謝が一気に上がり燃焼が始まります。

時間がない…食欲がない…そんなときは発酵食品だけでも!

毎朝日の光を浴びてしっかりと朝食を摂るのは、忙しい現代人にとって難しいことです。どうしても時間がない、疲れていて食べる気になれない。そんなかたもいますよね。そんなとき、発酵食品だけでも摂っておくとダイエットに嬉しい効果があります。

夜寝ている間は、胃が休み腸が活動しているのが理想的です。老廃物を便として外へ出す準備を整えたところで朝食を摂れば、スッキリとした1日をスタートすることができます。

便意を呼び起こすには、何かを食べ胃を刺激することが必要です。なかでも乳酸菌を多く含む発酵食品は、いま溜まっている便を押し出すだけでなく、次の便を作る環境づくりまでしてくれます。

カップヨーグルトにきなこやバナナを加えれば、洗い物はスプーンのみでコンロもまな板も使いません。ヨーグルトに含まれる乳酸菌とバナナの食物繊維で消化器系が刺激され、朝のお通じもスムーズになる優れたメニューです。

他にも、夕食であまった冷やご飯にインスタントトマトスープとチーズを合わせた即席リゾット、納豆とチーズをパンにのせた食べごたえばっちりの納豆トーストなど、工夫はいろいろ。冷蔵庫の中身と相談しながら、お気に入りレシピを開発するのも楽しいですよ。

置き換えダイエットで朝食代わりはできるだけ避けて!置き換えは夕食に実践しましょう

時間のない朝にできるだけバランスの良い食事を…という思いから置き換えダイエットにチャレンジされるかたも多いですよね。美容とスリムに嬉しい食物繊維、酵素、アミノ酸などを豊富に含む商品が多く販売され、飲むだけでキレイになれる!と話題です。

あまり知られていませんが、置き換えダイエットは朝より夕食のほうが効果的です。それは3食のカロリーバランスに関係があります。

朝置き換えてしまうと、食事から摂取するエネルギーはどうしても昼<夜とどんどん増えていってしまいます。しかし夜間は筋肉運動や代謝などが落ちる時間帯ですので、糖や脂質が使われず蓄えられてしまいます。 反対に夕食を置き換えると、朝起きたときに空腹を感じしっかりとした食事が欲しくなります。カロリーは朝>昼と徐々に少なくしていくことができ、「その日摂ったカロリーを翌日に持ち越さない」状態をキープできるんです。

ヨーグルトや納豆、味噌などを朝食に賢く取り入れることが、ダイエットを加速させるカギです。体が目覚め、本来のデトックス機能が働きはじめるため、老廃物を溜め込まないサイクルが生まれます。

健康的なダイエットを考えるほど、やはり朝日と朝食のゴールデンコンビが不可欠ということがお分かりいただけるでしょう。

カテゴリー: ダイエット効果も期待できるエステ