ホルモンバランスが関係していたイヤなわき汗!体脂肪を減らそう!

cc-10

シミができてしまいグレーの服が着られない。混んでいる場所では汗臭が気になる。そんな悩みを抱える女性が増えています。原因は意外にも体脂肪とホルモンバランス。気温とうらはらに汗をかいてしまう女性は、体内に原因があるかもしれません!

肥満とわき汗の悲しい関係…やっぱり太っていると汗っかきになるんです

暑いところにいるからといって、誰もがわき汗に悩むわけではありません。シミになるほどの発汗には、気温以外にも原因があるんです。

わき汗原因の1つに「肥満」があります。脂肪が付くと体温が外へ逃げず、必要以上に汗をかいてしまいます。わきの下のようにダイエットをしても脂肪が取れにくい場所は、大量発汗が起きやすい場所。「多汗症」など特別な症状がなくてもシミができてしまうんです。

ホルモンバランスの乱れは急な滝汗の原因にも!

女性の健康と美容に深く関わっているのが、ホルモンバランスです。生理や妊娠を起こすメカニズムとしてよく知られていますが、なんと発汗量にも関係しています。

40代~50代女性の約3割が悩まされる「更年期障害」では、代表的な症状の1つに「多汗」があります。涼しいと感じているときでも急に滝のような汗がでてしまい、汗ジミや臭いが気になってしまいます。

また、女性ホルモンが大量に分泌される妊娠~出産期間も、滝汗に悩まされるかたが少なくありません。周囲の目が気になり外出できない、混む場所に行けないといった悩みは想像以上にツラいものです。

汗予防にストレッチ!?わきの下伸ばし&腰ゆらしが効く!

シミになるほどの汗は、わきの下に付いてしまった脂肪やホルモンバランスによって起きます。これらを予防する効果があり簡単でチャレンジしやすい、「ストレッチ法」をご紹介します。

~1分でできる!汗予防ストレッチのやりかた~
1 椅子を1つ用意します。これを支えにストレッチを行いますので、しっかりした作りのものを選んでください。

2 椅子を前にして、膝立ちをします。両手で椅子の座面を持ち、そのままおしりを引くようにして背中を床と平行になるようにストレッチします

3 そのまま10秒キープ。痛気持ちいいという感覚のところで体勢を維持してください。わきの下が伸びている感覚があればOKです。

4 同じ体勢のまま、おしりで円を描く運動に入ります。左周り・右周り10回ずつを目安に、ひじを曲げないよう意識しながら動かしましょう。

5 円を描くのが難しいときは、おしりを左右にゆらすだけでもOKです。「右後ろ」「左後ろ」と体が引っ張られるよう意識すると効果的です。

わきの下をストレッチすることで、普段使わない筋肉に刺激が届き、脂肪燃焼効果があります。伸ばしているだけでも燃焼しますが、ゆらすという動きを加えることでさらに消費カロリーがアップします。

また腰を動かすと骨盤周りの筋肉がほぐれ、血行が良くなります。ホルモンバランスの調整にも繋がる運動ですので、ぜひ毎日チャレンジしてください。

簡単なストレッチですが、体脂肪とホルモンバランスの問題を同時に解決できる優れた運動です。汗を抑えるだけでなく、体調が整い、特に上半身のスタイルアップにも繋がります。面倒な毎日の汗対策も、いつの間にか「あれ?しなくても平気かも!」に変わりますよ!

カテゴリー: ダイエット効果も期待できるエステ