ミルフィーユ塗りで乾燥肌対策!?肌トラブルの原因は保湿で改善できます

aseo3

多くの日本人女性が悩んでいる乾燥肌。さまざまなトラブルを引き起こすため、何とかして対策したいところ。しかし、「保湿しようとしているけど上手くいかない」という方が多いようです。

ごわついた頬や顎は健康な状態よりも水分を弾きやすくなっています。そのため、通常のスキンケアよりも1つ工夫した対策が必要になります。

ドクターが語る、乾燥肌にまつわる3つの組織と原因

以下のように、人間の皮膚には水分を蓄えられる組織が3つあります。それぞれ重要な役割を持っており、欠けてはならないものです。

・皮脂膜
ベタベタ肌に悩まされている方にとって皮脂は邪魔もののように感じられますが、それは過剰に分泌されてしまっているからです。本来は水分が蒸発することを防ぎ、滑らかさを保つ大切なものです。

・天然保湿因子(NMF)
NMFは皮脂膜よりも身体の内側、角質層にあります。水分を吸収する役割があるため、ここに異常があると化粧水などの効果がなくなってしまい、またターンオーバーにも影響を与えてしまいます。

・セラミド
保湿のためにもっとも大切な部位とされており、NMFと同じく角質層にあります。細胞同士のスキマを埋めて、水分の蒸発を防ぎます。

乾燥肌は、これら3つの機能が弱くなることで起こります。その原因は大体の場合、以下のように日々の生活習慣が引き起こしています。

・間違ったスキンケア
トラブルを引き起こす間違ったスキンケア法はたくさんありますが、特に注意したいものが強く擦ること。頑張って汚れや皮脂を落とそうとやりがちですが、角質層に傷を付けてしまう恐れがあります。

・食生活
肌の調子を整えるにはタンパク質や必須脂肪酸、亜鉛、ビタミンなどさまざまな栄養素を必要とします。ファーストフードやコンビニ弁当、無理なダイエットなどによる偏食に注意しましょう。

・睡眠不足
皮膚のターンオーバーは成長ホルモンが司っています。これは眠っている時に分泌される物質のため、睡眠不足だとターンオーバーが乱れてトラブルを引き起こします。

美容家が考案した保湿法ミルフィーユ塗りでトラブル対策

乾燥肌対策をするなら、まずは上のような生活習慣を改善することから始めましょう。しかし、それ以外にも直接的なケアでも対策したいところ。そこで美容家たちの間で考案された画期的な方法がミルフィーユ塗りです。

これはスイーツのミルフィーユからできた言葉。パイとクリームを重ねるように、乳液と化粧水を交互に塗っていくものです。

■ミルフィーユ塗りの方法
洗顔した後、まず乳液を塗ります。次に化粧水、乳液と重ねて、「しっとりしてきたな」と感じたらおしまいです。

注意点は1度に付けすぎないこと。濡れている感触がしない程度を重ねていきましょう。また、まだベタベタしている時に次を付けず、浸透するまで待つことが大切です。

■交互に重ねるのが有効であるメカニズム
実は、乾燥肌は化粧水が浸透しにくくなっています。NMFやセラミドが正常に働いていないためです。そこで、乳液を塗ることで皮膚表面を柔らかくしてから水分を与えます。

これにより十分に保湿でき、潤いが1日続きます。続けていけばカサカサだった肌もモチモチとしたものに改善されるでしょう。

■化粧水や乳液の選び方にも一工夫を!
ミルフィーユ塗りする時はさっぱり系のコスメ用品を使いましょう。何度も重ね塗りするため、しっとりタイプのものだとベタベタしてしまうためです。

乾燥肌は放っておくとニキビなどのさまざまなトラブルを引き起こします。しかし、その対策は1つでOK。美容家たちが考案し、多くの方が活用している保湿法ミルフィーユ塗りを使って、誰もが羨むツルスベ肌を手に入れましょう。

カテゴリー: 美肌・美白は今日から作れます