混合肌は日本人が一番多い!お悩み解決はエステで専門家に相談が近道

aseo2

「おでこはテカテカなのに、頬はカサカサ」このように、顔のパーツによって肌の状態が違うという「混合肌」。日々の習慣がもたらしてしまうと言われています。

お手入れに使う化粧品や方法が部位によって変わるため、自分で改善することはとても面倒です。この悩みを手っ取り早く解決したいなら、エステなどその道のプロに任せてしまうことが1番です。

日本人に多い混合肌パターンはTゾーンとUゾーンの2パーツ

どこがテカテカでどこがカサカサかは、人によってさまざま。しかし、日本人の場合はほとんど以下のようにパターンが決まっています。

■Tゾーンは油分が多過ぎてテカテカ
おでこや鼻などのTゾーンは、テカったり黒ずんだりすることが多くなります。これはほとんどの場合水分が不足しており、それを補おうと皮脂が過剰に分泌されている「インナードライ」という状態です。

そのため、「ベタつくから油取り紙で取ろう」「石鹸でよく洗おう」という考えは危険です。脂を落とし過ぎてしまうことでさらに水分が不足し、テカりや黒ずみが酷くなってしまうためです。

■Uゾーンは油分が少な過ぎてカサカサ
ベタつくおでこや鼻とは一転して、頬や顎などのUゾーンは皮脂の分泌が不足してカサカサと乾燥しやすくなります。皮膚の防御力が落ちており、ニキビなどのさまざまなトラブルが起きやすい状態です。

ドクターが教えてくれた! 日常に潜むさまざまな混合肌の原因

混合肌はほとんどの場合後天的なものです。原因は以下のとおり、日々の生活のさまざまなものが関わっています。日々のケアに悩みを持っている方は、これらから改善することがおすすめです。

・直射日光
特におでこや鼻は紫外線を浴びやすい部位で、それを遮ろうと皮脂が過剰に分泌されやすくなります。日差しの強い日に外に出る時は、帽子をかぶるなどの工夫が必要です。

・エアコン
エアコンから吹き出してくる乾いた風が水分不足を引き起こします。風に直接当たらないよう、加湿器を使うなどすると良いでしょう。

・飲酒
アルコールを肝臓で分解する時に、活性酸素が発生します。これは身体の細胞を酸化させる物質。ベタつき以外にもシミやソバカス、シワなども発生させます。

・喫煙
タバコに含まれるニコチンが毛細血管を萎縮させて、皮膚に栄養を届きにくくしてしまいます。喫煙は身体に良いことが1つもないため、早い内に止めたいものです。

・食生活の乱れ
栄養不足に陥ると、皮脂の分泌量が崩れてしまいます。特に炭水化物や油ものはテカテカを引き起こす大きな原因になります。

・ストレス
イライラしている時に分泌されるアドレナリンやコルチゾール、アンドロゲンなどのさまざまな物質がベタベタを引き起こします。

自宅でのケアが難しいからこそエステで悩みを簡単解決

部位によって性質が違う混合肌を解決するなら、パーツごとに適切な方法を取らなければなりません。たとえば、オイリーなTゾーンはベタつきを抑えるために乳液を少なめにする、カサカサなUゾーンは特に保湿に力を入れるなど。

しかし、このようなケアを個人で行うのはとても大変です。自分の肌のことを熟知した上で、複数のコスメを使わなければならないためです。

このような厄介な悩みを抱えている方はエステに行ったほうが確実です。もともと混合肌はたくさんの日本人が悩んでいること。エステティシャンもそれを熟知しており、的確な解決策を出してくれます。

「エステに通うのは高いしなぁ」と考えることはありません。自宅でケアをしようと思っても、コスメが皮膚に合っているとはかぎらず、結局いくつもの商品を無駄にしてしまうかもしれないためです。

効率とコストパフォーマンスどちらを取っても優秀なエステで、悩みをぱぱっと解決してしまいましょう。

カテゴリー: 美肌・美白は今日から作れます