30代から始める、フェイシャルエステのアンチエイジング

ASEO-14

人間は30代から少しずつ老化していきます。今まではスベスベだったお肌も、だんだんシミやシワなどが目立ってくる時期です。

放っておくとますます老けて見られることに。手遅れになる前に、フェイシャルエステで「アンチエイジング」を始めましょう。

医師が語る、30代になって急激にお肌の老化が進む4つの原因

アンチエイジングは日本語で「抗老化」と呼びます。その言葉のとおり、だんだんと老いていく身体を食い止めることです。

本来老化は誰にでも訪れるもの。それでも、人によっては年齢よりも若く見られるなど個人差があります。これには日常生活に潜む以下のような理由があります。

◆紫外線
紫外線を浴び続けるとメラニンと呼ばれる色素が生成され、シミができます。それ以外にもコラーゲンやエラスチンなど、ハリを保っている成分が壊されて、シワの原因にもなってしまいます。

外に出る時は、日傘を差す、帽子をかぶるなどで日頃から紫外線対策を行いましょう。ダメージは日々蓄積されていくもの。30代だけでなく、それ以前からも対策必須です。

◆活性酸素
活性酸素とは、身体の組織を酸化させてしまう物質です。お肌が錆びることで弾力がなくなり、さまざまなトラブルを引き起こします。

活性酸素が発生する原因をさらに追求すると、食生活やストレス、喫煙など生活習慣が大きく関わっていることが分かっています。今はまだ若くても、不摂生ではあっという間に老化してしまうこともあるでしょう。

◆筋肉量の低下
30代になると、人の筋肉は1年で1%ずつ減っていくと言われています。ライフスタイルの変化で運動不足になっている方の場合、低下量はなおさらでしょう。これはお肌にも影響を及ぼします。表情筋が衰えることで、たるみが発生してしまうためです。

◆菲薄化
実は、人間のお肌は「菲薄化」と言って、年齢と共に薄くなっていきます。これは女性ホルモンの分泌量が減ることで新陳代謝が低下し、皮膚の生成が遅くなっていくためです。

菲薄化が進むことで紫外線などの刺激にも弱くなり、さまざまなトラブルが起きやすくなります。

お肌の悩みに合ったフェイシャルエステで快適アンチエイジング

アンチエイジングをするには、「外出の時は帽子をかぶる」「食生活を見直す」など、日頃の生活を見直すことが第一。そこからさらに高い効果を望むなら、フェイシャルエステに通うことがおすすめです。

フェイシャルエステでは最新の設備とプロの技術を用いたアンチエイジングを実施しています。ただし、一口にアンチエイジングと言っても、人それぞれ持っているお肌の悩みは違い、サロンやコースによっても得意分野は以下のようにさまざまです。

・リンパマッサージでハリを取り戻す
・毛穴の開きやニキビなどの肌荒れを改善
・表情筋に働き掛けて小顔を実現

どこを集中的にケアしてくれるかをよく調べてからサロンを選びましょう。場所によっては念入りにカウンセリングを行った後、1人1人に合った施術を行うところがあるためおすすめです。

長くお肌の健康を保っていくためには、アンチエイジングの考えが必要不可欠です。もっとも大切なことは、日々の生活でダメージを与えないこと。どうしてもケアが間に合わない時は、フェイシャルエステに通いましょう。

特に30代の方は、「年齢より若く見られる方」と「老けて見られる方」の差がはっきりしていく時期です。そこで後者側にならないよう、しっかりとケアしていきましょう。

関連記事
「成長ホルモン」ってなに?アンチエイジングでのその役割
すごいアンチエイジング効果!「ピンク呼吸法」は試した人からマイナス5歳
炭酸ミストは美肌エステ効果の新定番?ドクターから学ぶ選び方と使い方
老け顔もリフトアップでスッキリ!毎日チェックでたるみのない小顔
体のバランスは小顔に影響?生活習慣をチェックしてキレイなあなたに

カテゴリー: 10才若返るアンチエイジング