「アレ?またキレイになった?」年を重ねるごとに輝く女性芸能人

「アレ?またキレイになった?」年を重ねるごとに輝く女性芸能人

4K、8Kとテレビの解像度が飛躍的に上がる現代。女優、タレントさんにとっては、スキンケア戦国時代とも言われています。その中で肌透明感を一層増している女性芸能人のアンチエイジングケアには、2つの法則がありました。

石田ゆり子さん、永作博美さんなど、アラフォー女性芸能人の肌は少女並!

芸能界の最前線に立つアラフォー女性芸能人の素肌美が、いま注目されています。石田ゆり子さんは、1969年生まれのアラフォー女優。10代の頃からモデルなどさまざまな活躍をされた方ですが、年を重ねるごとに磨きのかかる透明感で現在も高い人気を誇ります。

同世代女優の永作博美さんは、1970年生まれ。10代の頃からアイドル活動で人気を博し、現在はドラマに舞台にと幅広く活躍されています。お2人とも、ティーンのような素肌美と大人の艶を兼ねそなえ、多くの女性がアンチエイジングケアを参考にするビューティーリーダーです。

素肌のアンチエイジングは、汗をかくことから

肌の健康を維持するためには、まず老廃物を溜めないことが第1。汗をかくことで毛穴に詰まった皮脂を流すことが、最も自然なアンチエイジング法となります。実際に、石田ゆり子さんはピラティスと水泳を、永作博美さんはラジオ体操と長めの入浴を習慣としています。

素肌には、自浄作用といって自らターンオーバーし美しさを保とうとする働きがあります。このサイクルを活性化させるのが、運動で血行を良くし汗をかくことです。誰もが当たり前にしている「汗をかくこと」こそが、女優肌への近道です。

食べものの質=肌質という鉄則

素肌美をキープしている方に共通するのが、「食へのこだわり」です。食べたものの質がそのまま肌質になること痛感しているからこそ、自炊を実践している女優さんは多数います。石田ゆり子さんは、豆類など食物性タンパク質を多く摂るメニューを意識。長作博美さんは、スパイスを上手に活用し体を温めるレシピを工夫しています。

アンチエイジングケアは、内側からの栄養補給が欠かせません。今現在の肌だけでなく、ターンオーバー後の肌質を良くすることで、いつまでも輝き続ける素肌が維持できます。肌細胞の減量はタンパク質ですので、常に良質なものを摂るようにし、その他の栄養もバランスよく含めた食生活が理想です。

大女優と呼ばれるお2人の女性芸能人のアンチエイジングケアを参考に、輝く素肌を手に入れましょう。汗をかく・食にこだわるという2つの法則を実践することで、肌は見違えるほど美しくなります。日頃の地道なケアこそが、年齢を感じさせない素肌美への近道です。

カテゴリー: 10才若返るアンチエイジング