美容院帰りのサラサラヘアーを自宅で再現!ツヤツヤならオイル、まとまりならミルク

b1

普段何気なく使っているトリートメント、賢く使い分ければもっとサラサラの髪に仕上がります。オイル・ミルクタイプそれぞれに合った条件がありますので、セルフチェックで見直してみましょう。美容院帰りのような、気持ちが良いほどの美髪が手に入ります。

ぴったりなのはオイル?ミルク? 髪質別アフタートリートメント剤の選び方

お風呂上がりの濡れた状態は、髪がもっとも痛みやすいときです。ご自分の髪質にあったアフタートリートメントを使い、潤いを逃がさないようケアしましょう。

ヘアオイルが合うのはこんなタイプ!

・ドライヤー時間が長い、またはヘアアイロンやカーラーをよく使う
・くせっ毛、うねりがある
・乾燥がひどいと感じる
・ツヤ感が足りないと感じる
オイルには、髪を熱ダメージから保護する効果があります。髪が多い・長いかたには特にオススメのトリートメント剤です。毛先を中心に、両手で髪をはさみ、押し込むように塗り広げてください。髪1本ずつに成分が染み込み、くせ直しにもなります。

オイルは水分をつつみこむ働きもあります。乾燥が気になる場合、頭皮だけをドライヤーで乾かしたら濡れている部分にオイルをつけ、薄手のタオルで巻いて一晩置きましょう。翌朝ドライヤーで乾かせば、サロン帰りのようなサラサラヘアーを取り戻すことができます。

ヘアミルクが合うのはこんなタイプ!

・カラーリング、パーマなどをしている
・直後にスタイリング剤を使いたい
・枝毛、パサつきが目立ち、まとまらない
・コシやハリのなさが気になる
ミルクタイプは、髪の補修に必要なビタミンや保湿成分を豊富に含みます。ダメージやコシのなさからまとまらないと感じているかたには、オイルよりオススメ。髪をいたわり、不足している潤い成分を補ってくれます。

ミルクトリートメントは、スタイリングの下地としても使うことができます。髪全体をまとめてくれますので、いつものワックスが少しの量で済みます。スプレーなどでしっかり固めたいときには、髪をダメージから保護する膜の役割にもなってくれる万能ケア商品です。

美髪に効くシャンプーで、もっとサラサラヘアーになる

キレイな髪にするため、シャンプー方法にもひと工夫を加えてみませんか?目の粗いくしを使ったシャンプー法は、プロも自宅で実践しているほど髪に良い洗い方です。

【すぐに髪がキレイになるくしシャンプーの手順】
1:入浴前、乾いた状態で髪をまんべんなくとかします
2:髪を濡らし、シャンプーを泡立て地肌を中心につけます
3:泡を毛先へ押し広げるようにとかしていきます(気になる部分は指の腹でマッサージするように重ね洗いをします)
4:いつものようにシャンプーを洗い流したら、髪をとかしながら重ねすすぎをします
5:トリートメントを毛先15cmを目安にもみこみ、とかします
6:すべての汚れを落とすイメージで、しっかりとすすぎます

普段のヘアケアグッズに、くしをプラスするだけの手軽な方法ですが、髪が見違えるほどきれいになります。ポイントは各手順にかける時間です。シャンプーやトリートメントを着けている時間と同じだけすすぐように意識しましょう。

美容院に行くとあんなに髪がキレイなのに、自分でケアするとなんだがパサつく…そんな悩みの解消には、アフタートリートメント剤の見直しを。オイルとミルクを正しく選び、毎日使いましょう。シャンプー方法のひと工夫も、サラサラヘアーに効果的です。

カテゴリー: 10才若返るアンチエイジング