ほうれい線よりトシが出る!首のアンチエイジングにはなにより保湿!

ASEO-23

入念なほうれい線ケアなどで年齢を感じさせないお肌を手に入れたけれど、首のシワやたるみで老け見えになってしまう…。そんな悩みを抱えるかたは少なくありません。早い場合には10代後半から目立ち始める深いシワ。原因や皮膚の作りを考えると、ケアは保湿に限ります!

首の皮膚は顔より薄くたるみが起きやすい!

「お顔の肌は体より敏感で薄い」このことをご存知のかたは多いでしょう。そのお肌よりさらに薄いのが、首の皮膚です。敏感でたるみやすいため、ちょっとした刺激でシワが起こります。また汗でベタつきやすい部位であることも、シワが起こりやすい原因の1つです。

シワの原因を具体的に挙げてみましょう。老け見えの原因は、「環境の問題」「皮膚の栄養不足」「加齢」の3種類に分けることができます。

【環境の問題】
●枕の高さと睡眠姿勢
●紫外線

【皮膚の栄養不足】
●ストレスや不規則な食事
●睡眠不足

【加齢】
●首を支える筋肉の低下
●コラーゲン減少
●活性酸素増加
●表情筋低下

シワ=エイジングサインというイメージがありますが、首に関してはどの年齢でもシワが起こる可能性があります。見えにくいからとケアを怠っていると、見た目印象を大きく変えてしまいますよ!

日常的なケアにはやっぱり保湿!ほうれい線ケア商品を首にもたっぷり使ってアンチエイジング

フェイシャルエステ店などへ行くと、デコルテまでしっかりと施術が受けられます。360度美しい首元を作ることは最強のアンチエイジングですので、どのシーズンでも受けたいですよね。しかし実際は、時間がない・費用面が…といった理由でエステに頻繁に通えない女性がほとんどです。

そこで意識したいのが日常のケア。首のシワには、肌のハリや弾力を支えるコラーゲン・エラスチンの減少が大きく関わっています。これらを補うには、アンチエイジング関連のケア商品がベスト。ほうれい線ケア商品など保湿力が高いもので、ジェルやクリームがオススメです。

配合されている成分は、「セラミド」、「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」などがオススメです。肌の奥まで浸透させることを重視し、分子を小さく加工する「ナノ化」などの言葉が一緒に書かれている商品はより効果が高いと言えます。

オールインワンタイプと、化粧水・クリームなどのキットがありますが、これはどちらでもOK。毎日使うことを考え、続けやすいと感じるものを選んでください。ただし、全てのケア後に、オイルなどで水分を閉じ込めることだけは忘れずに!この一手間でシワが大きく改善されます。

最新の化粧品では、肌のなかでコラーゲンを増やす成分を配合している商品も増えています。「レチノール」、「ビタミンC誘導体」、「成長因子(FGF)」などがそれに当たりますので、ちょっと耳慣れない言葉ですがチェックしてみてください。

首のケアはできるだけ優しい力で!強すぎるマッサージはシワを増やすかも!?

首周りはコリが気になる部分でもあり、日常的にグイグイと押す習慣のあるかたも多いですよね。血行のことを考えれば大変効果的なマッサージですが、皮膚のことを考えるなら力はできる限り弱くしたいもの。敏感で薄い皮膚が、さらにたるんでしまいます。

特に日常のケアでは、化粧水やクリームを滑らせる程度の力を意識してください。センターは鎖骨からアゴへ向かってなで上げ、サイドと後ろは下へ向かってなでおろしましょう。保湿成分の浸透が良くなります。

血行促進はお肌の健康のため有効ですので、シワが気になるからといってマッサージや整体などを避けることはありません。施術を受ける前後しっかりと保湿クリームを重ね塗りし、肌の弾力を高める一工夫をすれば、心配ありません。

首のアンチエイジングは、見た目年齢を大幅に若く変えてくれます。お顔も明るい印象になり、美容効果は絶大!まずは今すぐ、ご自身の首をよく観察してみませんか?意外なシワを見つけたら、ほうれい線ケアなどの保湿商品を取り入れ、重点ケアを行ってください。

カテゴリー: 10才若返るアンチエイジング